西区市民吹奏楽団規約

  1. 名称
    この楽団は西区市民吹奏楽団(以下、「楽団」という)と称する。
  2. 目的
    この楽団は西区市民文化の創造と、音楽文化発展のため、吹奏楽を通じて市民のコミュニケーションをつくり、市民によるまちづくりの推進に努めるものとする。
  3. 団員
    団員は前条の目的に賛同し、入団申込書を提出し、パートリーダー及び団長の承諾を得て入団できる。
    • 入団資格
      高校生以上で、練習に楽器を持参できること。但し、18歳未満の場合は保護者の承諾を必要とする。
    • 休団
      やむを得ない事情で3ヶ月以上練習を欠席する場合は、休団届を提出したのち、休団扱いとする。
    • 退団
      やむなく楽団を退団する場合は、退団届を提出し、受理された日をもって退団とする。未納の団費がある場合は、必ず全額精算したのち退団する。
      なお、団費を6ヶ月以上滞納した場合、及び団の運営に支障を来す様な場合、役員会による協議を行い除名処分とする事もある。
  4. 団費
    学生(高校生以下)2000円、社会人(大学生含む)3000円の団費を、月初めに納めるものとする。団費は楽団運営のための経費(謝礼金、会場費、事務費、楽器維持費、楽譜代等)に使用する。臨時の会費については、役員会で検討し決定する。
    なお、家族(夫婦、兄弟等)で入団した場合は、何れか団費が高い方を正規の団費とし、2人目以降は団費を1000円とする。
  5. 組織・運営
    楽団は団員と常任指揮者で構成する。団員の中より役員(団長・副団長・事務局長・事務局次長・会計・顧問)を選出し、運営にあたる。
    運営に当たっては、役員による役員会を設置し、基本的な事項について協議を行う。また、必要に応じ役員・パートリーダーでパートリーダー会を開く。
    その他、個別の演奏会開催に当たっては、随時、企画委員会、実行委員会等を組織する。
  6. 総会の開催
    年1回総会を開催し、運営状況(年間行事、前年度収支報告、次年度予算報告、その他役員会で必要と判断した事項)について団員と協議する。開催に当たっては、議長を選出し総会の運営を行う。
    総会での議決事項の決定については、団員数の2/3以上をもって可決とする。
    なお、総会欠席者の票については団長に一任するものとする。
  7. 補足
    本規約に定めない事項については、運営委員に一任する。
附則
本規約は、平成14年5月より発効する。
附則
本規約は、平成16年5月から施行する。
附則
本規約は、平成17年5月から施行する。
附則
本規約は、平成19年2月から施行する。
組織図